シゲゾー(神村茂三)サイト
keyboard_arrow_right
プロフィール

プロフィール

神村 茂三(かみむら しげぞう)

作曲・編曲・録音・編集

1964年9月26日生まれ。
大阪府八尾市出身 血液型O型 13歳よりキーボードを始め、中学3年でバンドを結成、ライブ活動を行う。
高校の時にジョージマーティンの「耳こそすべて」 を読み多重録音の世界にのめり込む。
アマチュア時代には沢山のコンテストに出場し受賞歴も多数。

88年ヤマハ主催のコンテストバンドエクスプロージョンの関西四国沖縄大会では入賞を果たし、自身もベストキーボードプレーヤー賞を授賞。

1991年に雑誌ザ・デビューの誌上オーディションに応募した事がきっかけで、キティレコードと契約、本格的にプロとしての音楽活動を始める。
92年アニメ「らんま1/2」のエンディングテーマ『虹と太陽の丘』を作詞作曲、
同曲でCDデビューを果たす。

柴咲コウのカバーアルバム「こううたう」にも『虹と太陽の丘』が収録。

同じレコード会社のデートオブバースのサポートメンバーとして全国ツアーに参加。

その後、オプティムと改名し東芝EMIに移籍し2枚のアルバムをリリース。

結婚を機に自宅のプライベートスタジオを中心に、作曲活動を展開。
テレビやラジ オのCM音楽制(手がけたラジオCM2作品はACC賞を受賞)
ベネッセなどの教材用音楽などを制作する。

しかし、いつしか音楽の収入だけでは家族を養いきれず。
音楽を専業にする道を断念。
家業の防水工事屋を継ぐことになる。
それでも、仕事としての作曲活動とアーティスト活動も続け、二足のわらじを履くことになる。

2013年に和風ポップスユニット「にぎらい」を結成。関西を中心にライブ活動をおこなう。
「天空シャンシャン」「しゃんしゃん情歌」の2枚のCDをリリース。
2005年 JAXA主催の「宇宙の音楽募集キャンペーン」では審査員特別賞を受賞。

神村茂三としてもアーティスト活動を始め、レーベルZIPEASTより4枚のアルバムをリリース
そして、2009年にコナミの「パワフルプロ野球」のゲーム音楽を
2011年にミュージカル「オオカミ王ロボ〜シートン動物記〜」の音楽を手がけた事がきっかけで
いつしか、コマーシャル中心の仕事はゲーム音楽や ミュージカルの仕事へとシフトしていく。

現在はデビュー時代を共にした相方のぴあぴ(元ぴよぴよ)と芝田吾郎(元BLUEZIE!?)
とポップスのユニット#招福ハレルヤで活動中。
2019年4月にファーストアルバム「寿GPS 」をリリース。

ミュージカル「きかんしゃトーマス~ソドー島の宝の地図」
全国公演は今年で6年目を迎えるロングラン。 

 

神村が作詞・作曲の「そらのうた」が審査委員特別賞を授賞(愛・地球博のエキスポホ ール)
【審査員:若田光一(宇宙飛行士)・松本零士・m-flo】

若田宇宙飛行士から
直接表彰される神村